アイピルで中絶のない世界

アイピルとは、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の一種です。避妊に失敗した際に一定時間内に服用することで着床を防ぐことができます。大人の女性なら知っておくべき薬の一つです。

アイピルについて知って納得する女性

アイピルはモーニーングアフターピルです

アフターピルを持ってる人は意外と多い
↑アイピルのお買い求めは、あんしん通販薬局がおすすめです

アイピルは、緊急避妊薬のモーニングアフターピルです。ノルレボのジェネリック医薬品として発売されましたので、コストパフォーマンスに優れています。緊急避妊薬とは性交渉の最中に何らかの原因でコンドームが破れてしまったり外れてしまったり、予定されていない流れの性交渉などで、後に服用することにより避妊をするものです。望まない妊娠を避けることは、後々の事態を考える上でも必要なことです。アイピルの妊娠回避率は、非常に高く信頼性があります。性交渉から服用までの時間が短ければ短いほど、より高い効果を得られます。24時間以内の服用による妊娠回避率は、95%以上で72時間となると75%となります。モーニングアフターピルはピルと用途が違い、性交渉をしたときに服用するものです。アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは、着床を抑制したり、精子が受精しないようにする効果があり、ピルのように決まった時間に服用する手間や、飲み忘れがないため緊急用として人気があります。ノルレボは処方箋薬ですので、診療代を含めると1万円くらいかかりますが、アイピルは同じ効果が得られて、1割程度で購入できるのでお得です。服用は水かぬるま湯で行ない、服用後3時間以内に嘔吐などをした場合、効果が薄れる場合がありますので、その場合はもう1錠服用しましょう。アイピルは継続使用をするものではありません。一時的ですがホルモンに影響しますので、緊急用に使用することをオススメします。副作用は個人差がありますが、下腹部痛や頭痛、不正出血などが報告されていますが、1日から2日で治まりますので心配はいりません。妊娠を希望しない女性はお守り代わりに持っていると安心です。

性行為から一週間、アイピルは効果ある?

避妊具を使って性行為を行っていたけれど破れてしまったり、避妊具をつけないまま膣内射精をしてしまった場合には妊娠してしまう可能性が高まります。そのような時に使えるのがアイピルです。アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれ、避妊に失敗した時に服用することで妊娠する確率を下げてくれる薬です。一般のドラッグストアなどでは販売しておらず、病院で処方を受ける必要があります。しかし、全ての産婦人科でアイピルを取り扱っているわけではなく、夜間や休日になってしまうと処方してもらうことが難しくなります。そのような場合でも、アイピルは避妊に失敗してから72時間以内に服用することが重要になります。受精してから7~10日かかって受精卵は子宮内膜に着床して妊娠が確定します。性行為から一週間経過してからアイピルを服用しても、すでに受精してしまっている状態では排卵をストップしたり子宮内の粘膜の粘度を上げて精子が侵入しづらくしたりする作用は受精してしまっていては意味がありません。さらに子宮内膜を剥がして消退出血を起こし、受精卵が着床できなくする、という作用はアイピルを服用してから早い人で3日後頃に起こるものです。そのため、性行為から一週間後ではすでに妊娠してしまっている可能性があります。特に排卵日付近はすぐに受精してしまう可能性が高くなってしまいます。
避妊に失敗したら、まずは近くの産婦人科に連絡し、モーニングアフターピルの処方を行ってもらえるかどうかの確認を行うようにしましょう。また、近くで処方してくれるところがない場合には、個人輸入などを行っていつでも使えるように所持しておき、避妊に失敗したらなるべく早く服用するようにしましょう。

アイピルは元気な女性の常備薬

元気な女性ほど、男性とのSEX回数が多くなるものです。SEXにはかなりの体力が必要ですから、元気でなくてはできません。
元気なことは良いことですが、女性にとって男性とのSEXは妊娠というリスクがついて回ります。本来であれば妊娠は喜ばしいことですが、最中にコンドームがはずれてしまったり、レイプされたなど、望まない妊娠が起きてしまうこともあります。
こういう時に常備しておきたいのが、アイピルです。
アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)で、望まない妊娠を防ぐ効果があります。
なぜ避妊ができるかというと、排卵と受精卵の着床の両方を抑制させるからです。
妊娠は、排卵、受精、受精卵の着床という3ステップで成り立ちます。この排卵と受精卵の着床をダブルブロックすることで、高確率で避妊させることができます。
ただしアイピルは中絶剤ではないので、着床してしまった後では避妊効果は得られません。
性交渉から24時間以内であれば95%、72時間以内であれば75%という高い確率で避妊を成功させることができます。
望んでいないタイミングで妊娠してしまう危険性に気付いたら、いち早くアイピルを飲んで避妊しましょう。もし妊娠してしまうと、中絶などさらに複雑なことを考える必要が出てきます。
最近では、SEXの低年齢化が問題視されています。性についての知識がない10代の若い人たちが、SEXと妊娠は別物という軽い気持ちで妊娠してしまうというケースも増えています。緊急避妊薬についての知識があればまだ良いですが、その知識もない状態だと慌てることになります。
もちろん大人でも望まない妊娠をしてしまうケースはあるので、お守りとしてアイピルを常備しておきましょう。