アイピルとは、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の一種です。避妊に失敗した際に一定時間内に服用することで着床を防ぐことができます。大人の女性なら知っておくべき薬の一つです。

アイピルについて知って納得する女性

アイピルとモノカルボン酸と胆汁性について

中年層に多く見られるのが、原発性胆汁性肝硬変の病気です。肝臓の小葉間胆管より隔壁胆管にかけて、免疫のメカニズムで破壊されるので、胆汁の流れが悪くなります。慢性肝内胆汁うっ滞になりますので、肝硬変へと進行します。

カルボキシル基が1つのものがモノカルボン酸であり、ジカルボン酸は2個、3個になるとトリカルボン酸と呼ばれます。モノカルボンの中においても酸炭素が多いタイプだと、それは高級カルボン酸になります。分子中の炭素数が少ないタイプのカルボン酸であれば、それは低級カルボン酸になります。酸性の力が強いものは、イオンが安定するものでもあります。イオンの形状で安定性が高くなることで、酸性は強力になります。

ノルレボのジェネリック医薬品が、アフターピルで知られるアイピル。ジェネリックであるために、商品価格もその分だけ安くなります。アフターピルは性行為後から、お薬の服用までの時間が、できるだけ短いほど、成分によって避妊率が高くなります。アイピルはパーフェクトな医薬品とは断言できませんが、性行為後の24時間以内のお薬の服用だったら、95%以上の確率で避妊に成功させると言われています。24時間を経過してしまったとして72時間以内のお薬の服用出会った場合は、避妊は75%以上の成功率になります。

たくさん飲むものでなく、服用方法は時間にして72時間以内に、必ず1錠を服用することです。低用量のピルではなく、このアフターピルは中容量のタイプとなります。飲むことで吐き気を感じたり、一時的な体調不良に見舞われる可能性は大きくあるので、1回に飲む量を間違えないようにすることは大事です。このお薬の持続時間は、72時間になります。