アイピルとは、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の一種です。避妊に失敗した際に一定時間内に服用することで着床を防ぐことができます。大人の女性なら知っておくべき薬の一つです。

アイピルについて知って納得する女性

アイピルは殺菌作用のある外用薬です

アイピルは殺菌作用のある外用薬になります。望まない妊娠を女性が防ぐために服用する外用薬です。性行為後72時間以内に服用すればかなりの確率で妊娠を防ぐことが可能になります。コンドームをしても避妊の確率は8割と言われています。それも正確に着用しての性行為での場合だけです。男性を信じていても適切なコンドームの着用をしての性行為が行われるとは限らないものです。不安な性行為を女性が行った後にアイピルを服用すれば子宮口に入り込んだ精子が子宮内膜に着床する前に子宮外に排出を行い妊娠を防ぎます。排出時には消退出血が見られますが生理の出血と基本的には同じです。また、アフターピルを服用すると生理不順に陥ると誤解されている女性もいますが、むしろホルモンバランスは安定しますので生理周期は安定するものです。副作用についても生理痛と同じレベルの副作用しか発生はしませんので、多少の頭痛や腹痛が発生するだけですので安心して服用することが可能です。アイピルは排卵の抑制を行うものですが、それも一時的なものです。服用後しばらくすれば安定化していきます。女性は自分の身は自分で守る必要があります。男性を信用していても完全に避妊を行えるとは限らないものです。コンドームを適切に使用していても必ず避妊が行えるとは限りません。望まない妊娠をして不幸な人生を送ることになるのは女性です。男性と違い女性には妊娠のリスクがあるものです。性行為を自由にできる男性とは違い女性は自分で自分の身を守らないといけないものです。アイピルはクリニックで処方をしなくても通販で安価で購入をすることが可能です。常備してけばいざという時に安心です。女性は自分で自分を守る必要があります。